腹部外傷後の腹部臓器障害 事前認定13級から異議申し立てで11級10号認定

30代男性・会社員Kさんの場合

  • 高速道路上の事故。外傷性間膜損傷にて回盲部切除術および腹腔止血術を受ける。
  • ご自身側任意保険会社(人身傷害補償)による一括対応。

交通事故後遺症の等級認定サポートによる解決までの流れ

  • 腹部臓器の後遺症が残存したものの、改善される様子がなかったため、治療を終了。
  • 事前認定を受けたところ、13級11号。

交通事故後遺症の等級認定サポートによる解決までの流れ

  • 認定結果に納得がいかず、当サポートにご相談。
  • 新たな検査を受けて頂いた上で医師と面談させて頂き、新たな医証の作成を依頼(医療照会)。
  • 新たな医証をベースに当サポートで後遺障害等級認定異議申し立ての書類作成・資料収集・手続きを代理。

交通事故後遺症の等級認定サポートによる解決までの流れ

  • 異議申し立てが認められ、腹部外傷後の腹部臓器障害に対して11級10号が認定された。

※上記はあくまでも一般的な事例です。それぞれに状況が異なります。
※ ご相談の上、それぞれの状況に合わせて解決方法をご提案します。

         

後遺障害等級認定や慰謝料、示談など、交通事故のお悩みについて無料相談をご希望の方は、下のフォームからご予約ください。
なお、必要に応じて入力項目以外の情報を予めお伺いする場合がございます。

お急ぎの方は、お電話でもご相談を承っております。

  • ご予約は24時間受付中ですが、確認・返信に2営業日ほど頂く場合がございます。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

無料相談をご希望の方は日時をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る