自賠責保険とは?

自賠責保険は強制保険

自賠責保険は法律によって、 自動車、バイク、原付を使用する際に強制的に加入が義務づけられている損害保険です。
自賠責保険契約に未加入、または有効期限切れで車を運行しますと、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになります。

自賠責保険は人身事故のみ

自賠責保険は自動車事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としています。
したがって、物損事故には適用されません。

自賠責保険は定型・定額

自賠責保険は、被害者保護の観点から、公的な要素の強い保険です。
ですので、補償は必要最小限で、たくさんの請求を迅速かつ公平に処理するために支払基準は定型・定額化されています。

ケガをした人が被害者

自賠責保険では、過失の大小に関わらず、ケガをした人、死亡した人が被害者となります。
(ですので、自分の過失が小さいのに加害者扱いされても気にする必要はありません)

交差点での右折車Aと直進車Bの事故で、Aがケガを負った。後に過失割合がA:B=6:4となっても、自賠責上ではAが被害者、Bが加害者となる。

重過失減額

任意保険の場合、被害者に過失があった場合は厳格に過失相殺が行われますが、自賠責保険では過失相殺は行われません。

交差点での右折車Aと直進車Bの事故で、Aがケガを負った。後に過失割合がA:B=6:4、損害額は100万円と確定。
自賠責保険の限度額内については過失相殺されることなく、AはBの自賠責保険から100万円を受け取ることができる。

ただし、被害者に重大な過失があった場合は、下記のように支払限度額から減額されます。 これを重過失減額といいます。

被害者の過失 後遺 障害の場合
死亡の場合
傷害の場合
死亡に至るまでの傷害の場合
7割未満 減額なし
7割以上
8割未満
2割減額 2割減額
8割以上
9割未満
3割減額
9割以上 5割減額

次は自賠責保険と任意保険について解説します。

自賠責保険と任意保険

         

後遺障害等級認定や慰謝料、示談など、交通事故のお悩みについて無料相談をご希望の方は、下のフォームからご予約ください。
なお、必要に応じて入力項目以外の情報を予めお伺いする場合がございます。

お急ぎの方は、お電話でもご相談を承っております。

  • ご予約は24時間受付中ですが、確認・返信に2営業日ほど頂く場合がございます。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

無料相談をご希望の方は日時をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る